モトGP2022 ポル・エスパルガロ

-「すばらしいバイクがあり、2022年はさらに良くなると信じている。」-

ポル・エスパルガロは、レプソル・ホンダチーム2年目のシーズンの準備ができている。インタビューでは2022年シーズンの目標を話している。

Q:昨年はレプソル・ホンダチームの一員であることを誇りに感じていました。2年目のシーズンはどのように向き合いますか?
#44「今シーズンを楽しみにしている。今は何に出くわすのかが分かった経験があり、どのように進めていって、チームがどういったことを好むのかが難しいプレシーズンではない。すでにすべて解決している。プレシーズンは残念ながらとても短い。我々は最初のレースの前のテストは5日間しかない。昨年学んだ全てのことが、カタールで何かポジティブなことをするチャンスがあると思って今シーズンを始めることが重要。何が起こるかを見るという期待をもって辿り着かないことがとても重要。」

Q:「この冬はとても激しいトレーニングをしていました。何が改善され変わったのですか?」
#44「いつもプレシーズンには新しいことを取り入れている。世界選手権に15年以上いるし、何か違うものを与え、少しでも成長できるように、新たなプレシーズンで何かしようとしている。今年はフィットネス・トレーニングとは別に、CBRを使ったトレーニングや、モトクロスとフラットトラックもたくさんやった。それからスーパー・モタードに乗って、できるだけ多くの分野を取り入れようとしている。モトGPバイクに乗っている時、それぞれが何か異なる何かの助けになると思うから。それが我々が探しているもの。」

Q:「昨年バイクを乗るのに学んだことで最も助けになったことは何ですか?」
#44「経験が重要。全てのライダーが順位を争い、1000分の1秒離れているモトGPのように複雑で競争の激しい世界では、オートバイでの経験がとても重要であることは明らか。シーズン途中で上手く行ったパッケージを手に入れると、状況は大きく改善し、とても良い結果で終了し、良い順位を目指して争い、トップ5に入ることができた。これが2022年シーズンをスタートする時の目標。」

Q:「ミサノで2位という、モトGPのレースで最高の結果を出しました。」
「確かに、そのようなチャンスは今のホンダとはほとんどなかった。我々はトップのバイクを持っている。モトGPに入ってからずっと追い求めている夢を達成するために、2022年が更に良くなると信じている。昨年はシーズンの一部だけ良い年だったけれどこれでは不十分だと思う。我々は2022年にもっと頻繁にそれを繰り返さなければならない。持っているであろうツールはそれを達成するのに充分だと思う。」

Q:「2021年シーズンは浮き沈みが大きかった。バレンシアでのスタートは難しく、終わりは厳しいものでした。」
#44「前半は厳しかった。今のモトGPのハイレベルさにスタートは簡単ではなかった。シーズンの半分を過ぎて感覚を探し始めて、最後にはミサノでダブル表彰台を獲得し、とても競争力があった。バレンシアの週末でもとても競争力があったし、油症を目指して争うチャンスがあった。勝利を探していると、時々問題があって転倒する。それがモトGPの世界。週末にフィニッシュできなかったけれど、こんなに難しいスタートを切った後、最後のレースに勝つために戦うことができたという気持ちを取り去った。それは自分にとっても、チームにとってもとても良いことだと思う。」

Q:「新しいバイクはあなたのライディングスタイルにどのようにできますか?」
#44「バイクはとても違う。プレシーズンが始まり、どのように他のメーカーが改善したのかまだ分かっていないけれど、我々のバイクはとても変わったし、デザインは昨年我々が抱えていた問題に焦点を合わせているので、ファクトリーライダーとサテライトライダーの両方の多くのサーキットで争うことができなかった。ホンダは我々が求めていたもので、ニーズに合ったバイクを作ることができた。一目でバイクが違うことがわかり、ポテンシャルは高いと思う。プレシーズンを開始して、自分たちの可能性がどれだけあるかを確認し、上位でシーズンをスタートできることを本当に楽しみにしている。」

Q:「今年のホンダはあなたに何を与えてくれますか?」
#44「自分のキャリアに夢がある。選手権で勝ちたい。それが毎朝起きたらトレーニングを続け、良いアスリートになる理由。レースで優勝し、ポールを獲得し、一緒に仕事をしてキャリアを共有しているホンダでタイトルを獲得すること以外考えていない。それを達成するために自分の力で何でもしたい。」

Q:「最後に。誰を打ち負かしたいですか?」
#44「ライダーは普段、勝つライダーはいつもチームメイトだと言うけれど、これは今まで以上に当てはまる。マルクは最速で、史上最高のライダーで、シーズンの初めからタイトルの有力候補でもある。ライバルがマルクで、いつかそれができればレベルが上がり、タイトル争いができると思う。それはすでに大きなことなので、しっかり働く必要がある。」

▲TOPへ戻る