モトGP2022 オランダGP予選

-ステファン・ブラドルが6列目スタート-

レプソル・ホンダーチームのステファン・ブラドルは18番手からスタート。

この日の朝、FP3が始まる前に、肋骨に残っている痛みから、ポル・エスパルガロと彼のチームは今週末にオランダでホンダRC213Vにこれ以上乗らないことを決めた。
金曜日のFP2の後、ポル・エスパルガロは依然として肋骨に深刻な苦痛と不便を強いられていた。ポルは自分がモトGPでレースができないと感じ、レプソル・ホンダチームとともにオランダGPに参加しないことを決めた。
レプソル・ホンダチームは、夏休み後のシルバーストーンでの復帰を期待している。ステファン・ブラドルは、レプソル・ホンダチームとともに参戦する。
ステファン・ブラドルは、FP3を終えて、Q2に直接進出できず、その後の予選では、Q2進出まで0.5秒足りなかった。レプソル・ホンダチームのライダーは、ベストタイム1:33.029で、レースは18番手からスタートする。

ポル・エスパルガロ
「チームに申し訳ないし、GPを終了できなくて、とても厳しい決断だった。初日を終えて大丈夫だと思ったけれど、昨日のFP2で私は攻めすぎて失敗した。何が起こったのか正確に分からないけれど、さらに悪化して痛みと呼吸困難と戦っている。最優先課題はよく理解すること。 夏休みに、完全に回復するよう努めたい」

ステファン・ブラドル
「FP3とFP4でまだ方向性を見つけていたので、予選の結果はそれほど悪くはない。雨でFP1が雨でセットアップが少し遅れたけれど、今日はいい仕事ができた。予選は良くも悪くも目標通り。明日はグループの中で争って、いくつか順位を上げていく。グループにとどまるには、良いスタートをする必要があるし、それで何が起こるか見てみたい。」

▲TOPへ戻る