モトGP2022 ドイツGP予選

-ポル・エスパルガロは5列目スタート-

レプソル・ホンダチームのポル・エスパルガロは、金曜日のクラッシュでの痛みがまだ残る中、ドイツGPを13番手、5列目からスタートする。ステファン・ブラドルは18番手からスタートする。

土曜日のザクセンリンクの温度は、コース上は50℃に達した、強烈な暑さがレプソル・ホンダチームを難しくした。
FP3でポル・エスパルガロはQ2への直接進出を逃した。金曜日のハイサイドによる痛みがまだあり、それでもQ2で進出するには0.004秒足りなかった。ベストタイムは1:20.604で、レースは5列目13番手からスタートする。
ステファン・ブラドルもQ2進出はできなかった。Q1でドイツ人ライダーは、ベストタイム1:20.908を記録し、明日のレースは6列目18番手を確保した。

ポル・エスパルガロ
「今日は正直本当にたいへんな日だった。肋骨の痛みがひどく、バイクに乗っている時は呼吸に苦しんだ。ザクセンリンクで左側の何かを傷めると全ての左コーナーで週末全体が困難になる。今日は限界だった。傷みで最大限にプッシュすることができなかった。本当に残念だけど、Q2進出を僅かな差で逃したのは残念だった。これが状況で、明日はレースですべてを出し切りたい。」

ステファン・ブラドル
「スピードを上げ続けることができたので、今日のパフォーマンスには満足してるけれど厳しかった。ほぼすべてのトラックのラップレーコードは毎週末に破られていて、最終的なポジションが印象的でなくても、これまで乗った中で最速で走っている。バイクに乗るたびにパフォーマンスに集中し、目標を達成することが重要。セットアップは順調に進んだと思う。明日は何ができるか見てみたい。地元ファンのために良いレースをしたい。」

▲TOPへ戻る