モトGP2022 フランスGP

-アルベルト・プーチ「どこを改善すべきかは分かっている」-

レプソル・ホンダチームのマネージャー、アルベルト・プーチが両ライダーにとって厳しかった週末を分析した。

Q:「フランスGPはレプソル・ホンダチームにとって、良い結果ではありませんでした。」
Puig:「期待していた結果でないし、望んでいたものでないことは明白。もちろんいつもできる限りを最大限続けているそれが我々の目的。しかし現実はいくつかの問題に直面している。我々は真の可能性に到達する方法を探し続けている。ル・マンでの今週末はまたもや簡単なものではなかった。」

Q:「テストでの問題の後、レースでのマルク・マルケスのポジションをもっと前向きに見ることができますか?」
Puig:「結果に関しては我々が期待したものではない。もちろん、このレースは完全に酷いものではなかった。しかし我々は一般的な状況を見なければならない。これは我々の本当にポジションではなく、明らかにマルクのポジションではない。」

Q:「ホンダはどこで解決策を見つける必要がありますか?」
Puig:「我々はどこを改善しなければならないかを分かっている。抱えている問題を解決するのに役立つと信じていることをテストする時間がもっと必要。今のところ我々はこれらの解決策ができるだけ早くヨーロッパに着くのを待ち続けなければならない。」

Q:「ポジティブな点はフランスGPでありましたか?」
Puig:「すべてのライダーがレースをフィニッシュしたけれど、唯一のポジティブな点は、我々が満足していないということだと思う。レースに関しては物事が上手く行かず、期待通りではない場合、とてもポジティブ。モチベーションを失うのはとても簡単なことだけれど、我々の考え方ではない。反撃し改善し、目指す結果を達成しに戻ってくる。」

▲TOPへ戻る