モトGP2022

-マルケスとエスパルガロがバイオ燃料について学ぶ-

レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスとポル・エスパルガロが、モトGPに供給される燃料とオイルを供給するレプソル・テクノロジーラボを訪れ、レースで使用するバイオ燃料について学んだ。

マルク・マルケスとポル・エスパルガロはマドリードにあるレプソル・テクノロジーラボを訪れ、2022年のモトGP21レースで使用されるコンパウンドの製造方法を直接学んだ。訪問中、彼らが持続可能な燃料を製造することができた。
レプソル・ホンダチームのライダーがラップタイムを1000分の1秒短縮しようとしているのと同じように、レプソル・テクノロジーラボの全員が燃料とオイルの配合に関して違いを生むためにしっかり働いている。毎年彼らは空白のキャンバスからスタートし、マルケスとエスパルガロがプレミアクラスのタイトルを争うことができるように、可能な限り最高のコンパウンドを処方する覚悟を持っている。
さらに2024年には世界選手権の全ての燃料に非化石由来の燃料が少なくても40%含まれる必要があり、2027年には100%に上昇するため、これに加えて高率と持続可能制を達成するという新たな課題がある。
レプソルとHRCが準備しているこの未来のシナリオは、ライダーが独自の持続可能な燃料を開発した時には念頭に置いていた。

マルク・マルケス
「我々が使用する燃料がどのように生産されるかについて学ぶことはいつも興味深い。最終的にはそれは我々のバイクの「食料」であり、「えさ」が優れているほど性能は向上する。レプソル・ホンダチームでは、持続可能制を忘れることなく、効率と高性能を兼ね備えた燃料とバイオ燃料に関するレプソルの開発作業の恩恵を受けることができてラッキーである。」

ポル・エスパルガロ
「我々の燃料に使われる製造プロセスを知ることは重要だと思う。未来はサステナビリティに向かっていて、それを強く感じている。レプソルは世界を動かし続け、ますます持続可能な方法で動き続けているので、レプソルに感謝している。これらはすべてテクノロジーとレースを経て、全ての機能だけではなく、燃料制限も備えた最高のパフォーマンスを発揮する必要がある。これにより効率が向上する。レプソルは多くの分野のパイオニアで、ドルナがバイオ燃料に移行する時期が分かるように、今後もとても重要な役割を果たし続けるだろう。」

▲TOPへ戻る