レプソル・ホンダチーム2021

-レプソル・ホンダチームが始動-

マルク・マルケスとポル・エスパルガロが新しいシーズンに向かう

2020年のコース内外で非定型のシーズンを終え、2021年は逆境に直面して前進する機会を与えられた。レプソル・ホンダチームは、新シーズンに向けて新しいラインナップを準備し、これからのチャレンジに備えている。2020年に最高峰クラスで最高の成績を収めたポル・エスパルガロがチャンピオン・マルケスとパートナーを組む。この2人のライダーは、一緒に成長し、スペイン選手権、モト2クラス、モトGPでチャンピオンシップを競ってきた。合計でGP446レースに相当する経験を持ち、184表彰台、97勝、9つの世界タイトルを獲得している。
レプソル・ホンダチームはチーム史上初めてバーチャルでプレゼンテーションを発信し、現在の世界の状況に対応した。
2013年モト2チャンピオンは、RC213Vでレプソル・ホンダチームのカラーを身につけることで、幼い頃からの夢を実現させた。最高峰クラスで100レース以上を誇る29歳は、モトGPで最も経験のあるライダーの一人で、昨年の5回の表彰台、2回のポールポジションを獲得市、ランキング5位でキャリア最高の成績を残した。
マルク・マルケスにとっては、ヘレスで負傷した後すぐに復帰の準備をしていたので、2021年は新たなスタートになる。骨折した右上腕骨の回復に専念し、8回のチャンピオンは最高の体型に戻り、最高の状態に戻るためにしっかり取り組んできた。
レプソル・ホンダチームは、モトGPのプレシーズンテストが始まるカタールに行き、そこでポル・エスパルガロがホンダRC213Vを初めて試走する。マルク・マルケスは、今年初めのテストを欠場し、回復に専念する。

マルク・マルケス
「長い間離れていて、バイクをもう一度見て、レザースーツを着るのは気持ちが良い。2020年はとても難しい年だった。特に僕はケガをして、自宅でレースを見たりしなければならなかった。医師やチームと協力して回復し、モトGPに復帰した。もちろん、すぐに復帰したかったけれど、完全に準備ができるまで医師と自分の体に意見を聞くことがとても重要。100%の状態に戻ることだけを目指していて、まだやるべきことがいくつかあるので、カタールテストには参加しない。」

ポル・エスパルガロ
「今年のプレシーズンは、キャリアの中で最もエキサイティングなものの一つで、最初のシーズンやモトGPのデビューを待っているような感じ。レプソル・ホンダチームで争うことは、多くのライダーの夢で、誇りに思うこと。数週間毎に別のステップを踏み出し、最後のステップがカタールでRC213Vに乗ること。この感情は、今シーズンに向けて多くのトレーニングを行い、より良くなるようにしている。レプソル・ホンダチームで最高を収め、トップを目指して戦う。それが2021年の目標。」

▲TOPへ戻る