レプソル・ホンダチーム2021

-ポル・エスパルガロ「このカラーが僕を成長させてくれる」-

モトGP2021年シーズンが迫り、ポル・エスパルガロはレプソル・ホンダチームでのデビューを前に、チームに加わる考えを共有した。夢が叶ったエスパルガロが、2021年の目標を明確にした。

Q:「初めてレプソルカラーを着てどう思いますか?」
Pol:「初めて着てみて、とてもすばらしい。このカラーでワールドタイトルを獲得するすばらしいライダーを何年も見てきた。このカラーは僕を成長させる。すべてが手に入ったようだ。すべてのライダーは成功して終わりたいと思っている。125cc、モト2、モトGPになってからも、このチームはどのレースでも表彰台にいた。並んで見ることは残酷で、独特の感覚だった。」

Q:「新しいバイクに乗るとき、何を思い浮かべますか?」
Pol:「最も求めているのは、スタートして、爆音を聞き、ストレートで350km に達し、最初のコーナーから250mでブレーキすること。」

Q:「ホンダに初めて乗る日はどう思いますか?」
Pol:「間違いなく難しい。モトGPは難しい、そんな簡単ではない。バイクは小さくてコンパクト。軸が短いバイクはもう少し神経質でアグレッシブ。それは少し重要かもしれないけれど、それ以外の場合はより速く曲がり、手で直接グリップすることができる。僕はブレーキが遅いのが好きで、レプソル・ホンダチームのすべてのライダーがブレーキが遅く、積極的に乗っているのを見ているし、それが自分のライディングスタイルにとても好みである。」

Q:「レプソル・ホンダチームでどんな貢献ができますか?」
Pol:「個人レベルでは、優勝や表彰台は明確で、ワールドタイトルだって可能。チームレベルでは、チームワークとバイクの改善が可能。このブランドが過去20年間で実質的に全てのタイトルを獲得するように導いていた。勝利のDNAを獲得し維持し続けるために貢献したいと思っている。」

Q:「2021年シーズンの目標は?」
Pol:「2021年、僕は自身に最高の目標を掲げた。このバイクは表彰台を離れることに慣れていない。マルクと共に選手権で勝ち、レースで勝ち、すべてで勝つ。今年は昨年の良い思い出と結果で始まるし、これ以上のものを出すとなれば、すべてに勝つこと。」

Q:「トップ5でシーズンを終えたわけですが、2021年に改善できると思いますか?」
Pol:「トップ10に入ったことがうれしいとは、チームが期待することでもなければ僕も期待することでもない。このチームとブランドがずっとしてきたことを達成するために、努力は最大限にしなければならない。」

Q:「レプソルホンダのライダーの後ろについた時、RC213Vの特徴について何か観察していましたか?」
Pol:「チームをマルクと共有することも、移籍した理由の一つ。下のクラスからマルクとの対戦を楽しみにしていた。多くの瞬間にマルクと争うことができたのはより良いことだと思うし、才能を100%開花させるには、同等かそれ以上の人と一緒にいて、彼が最前列で何をしているのかを見て、解釈し、同じようにしようとすることが最良の方法だと思う。僕にはそれをすることができる特権がある。」

Q:「夢は叶いますか?」
Pol:「初めから自分がどこに行きたいのか、どこにいるべきなのか、自身を試して何ができるのかを見たいと思っていた場所が明確になった。ベストな方法は、世界で最高のチームに属し、世界で最高のバイクを持ち、世界で最高のライダーの隣にいること。自分のキャリアの最高時にレプソル・ホンダチームに来たと思う。適切なタイミングで行きたい場所にいることは夢を実現することなので、間違いなく自分の夢を実現している。」

▲TOPへ戻る