モトGP2021 サンマリノGP直前

-今週末はサンマリノGP-

レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスとポル・エスパルガロは今週末、モトGP第14戦サンマリノGPに参戦する。

先週の日曜日アラゴンGPを終えて、モトGPはサンマリノGPに向かう。
マルク・マルケスは、アラゴンGPで2位を獲得し、特別なモチベーションを持ってサンマリノに到着した。マルケスは過去ミサノで7回の表彰台に立っていて、125ccで1回、モト2で2回、モトGPで3回の優勝、モトGPで2位を一度獲得している。マルケスの残り5戦での総合順位は10位。ホンダRC213Vでの適応を精力的に続けている。
ポル・エスパルガロはアラゴンでの厳しい週末を終えてミサノに到着した。エスパルガロはいくつか練習走行ではポジティブだったが、レースでは同じペースを掴めなかった。
エスパルガロはミサノで3回の表彰台を獲得している。モト2で優勝1回、2位が1回、昨年のモトGPで3位を獲得している。今週末のサンマリノGPではレースでの結果を改善することを目標にしている。

マルク・マルケス
「アラゴンですばらしいレース、すばらしいバトルをして、少しモチベーションが高い状態で次のレースに辿り着いた。今週末に何をもたらすか見てみたいし、ここでは過去にいくつか良いレースをしているけれど、ここは要求の厳しいサーキット。またレースが終わったら2日間のテストがある。改良するためのもので、我々やHRCにとってとても重要になるだろう。我々には忙しい週になるだろう。」

ポル・エスパルガロ
「ミサノの天気は暑くなりそうだし、アラゴンよりもシルバーストーンでのパフォーマンスに近づけられるように感覚を改善するように働かなければならないことは分かっている。この部分で改善を続けているけれど、自身とバイクのポテンシャルを見せるように働き続けなければならない。2日間のテストを楽しみにしている。今の所の最大の問題の一つは今シーズンのテストが不足していること。それを最大限に活用したい。」

▲TOPへ戻る