モトGP2021 オランダGP直前

-ドイツでのマルケスの優勝を経て、オランダに向かう-

レプソル・ホンダチームは、夏休み前最後のラウンド、昨年開催されなかったオランダGPで今週末戦う。

ドイツGPで優勝してオランダに到着したマルク・マルケスは、自身の体力的回復とアッセンでのRC213Vへの適応を目指している。マルケスは、オランダGPで10回の表彰台を獲得している(125ccで1回、モト2で2回、モトGPで7回)。モトGPでは2回の優勝を達成している。
ポル・エスパルガロは進歩を続け、予選でのパフォーマンスとレースでの結果の改善をする準備ができている。エスパルガロは125cc時代の2010年に3位、2013年、モト2チャンピオンを獲得したシーズンには優勝を果たしている。
レプソル・ホンダチームのライダーは、オランダGPの後、1ヶ月の休暇をとり、シーズン後半に向けて休憩と準備を行う。

マルク・マルケス
「ドイツGPの後、チーム、家族、そして助けてくれた人々と共にその瞬間を楽しんでいる。でも今、再び集中しアッセンの準備をしている。過去にはここで良い結果が得られたけれど、もちろん今は状況が違う。特にドイツGPの後で、オランダはとても寒くて雨が降りそう。それで状況を改善し、何ができるかを見極めるのに努力を続ける。」

ポル・エスパルガロ
「1年開いてアッセンに戻れたことはすばらしい。ここは歴史的なコースで、ここで乗ることはいつもすばらしい。ドイツの週末は完璧ではなかったけれど、明確なマインドを持ってここに到着し、進む準備ができている。確かに天気は少し複雑になりそうだけど、し続けられることをして最善を尽くす。目的はすべてのピースをまとめて進歩させ、問題なく週末を過ごすこと。」

▲TOPへ戻る