モトGP2021 アラゴンGP直前

-今週末はマルケスが得意なアラゴンGP-

レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスとポル・エスパルガロは、第13戦アラゴンGPに向かう。

イギリスGPを終え、モトGPはレプソル・ホンダチームにとって良い結果をもたらしているアラゴンGPに辿り着く。
マルク・マルケスは、ホンダRC213Vでの進化をさらに強化することを主な目標として、感覚良くアラゴンに到着する。トータル6回の優勝(2016年から2019年の4連続を含む)で、マルケスはこのコースで最も成功しているライダーである。
ボックスのもう一方、ポル・エスパルガロは、ポールポジションを獲得し、5位でレースを終えたシルバーストーンでのパフォーマンスの後、特別な自信を持ってアラゴンGPに向かう。シルバーストーンでは、彼のレプソル・ホンダチームのライダーとして、最高の結果だった。エスパルガロもアラゴンGPで表彰台に上がる方法を知っている。彼は優勝をモト2と125ccで1回ずつ、モト2で3位を1回獲得している。

マルク・マルケス
「アラゴンはいつもレースを楽しんでいるコースで、今までは良い結果が得られていた。でも、過去を信じてはいけない。2021年は別の状況で、自分のレベルとライバルがすることを見て、できる限り最善の方法で週末に直面する必要がある。2020年に行われた2戦を欠場し、またアラゴンでレースをすることはすばらしいことで、ファンのために良いレースをできたらうれしい。ここ何戦かでトップに近づいてきたので、このまま続けて日曜日に何ができるかを見ていきたい。」

ポル・エスパルガロ
「アラゴンでレースをすることにとても興奮している。週末のシルバーストーンでのレースは我々にとってすばらしかった。今まではホンダはここで打ち負かそうとしていたバイクだったけれど、今は乗っているので、今週末はともに何ができるかにとても興味がある。シルバーストーンの週末の後、良い時間に辿り着いた。またレースができてうれしい。頑張ってシーズンをしっかりと終え、学び続けたい。」

▲TOPへ戻る