モトGP2019

-マルク・マルケス、右肩の手術は成功-

これまでで最も成功した最高峰クラスのシーズンが終了したので、8回のワールドチャンピオンを誇るマルク・マルケスは、11月27日、手術を受けることを選択した。手術はICATME(カタルーニャ外傷・スポーツ医学研究所)の一部であるDr.Xavier Mir, Dr.Victor Marlet と Dr. Teresa Marletによって行われた。
右肩に不快感を感じていて、ヘレスでのテストの月曜日にクラッシュし、マルク・マルケスは、医療相談の後、予防措置として手術を受ける選択をした。今回の手術は、2018年末に左肩で行われた出術に似ているが、本質的にはそれほど積極的な手術ではない。
マルケスは今後48時間以内に退院し、その後セルベラの自宅でセパンテストに備えての回復と冬期トレーニングを開始する。

▲TOPへ戻る